オーストラリアで看護師になりました

看護留学・移住・医療・シドニーのこと

オーストラリアでナースになってホヤホヤの私が働きながら思ったことを書いていきます。

オーストラリアの看護師で祝日の給料が2.5倍になるには条件があった

前回の記事の訂正です。みなさんお騒がせしてすいません。

 

この前、オーストラリアで看護師として働くと祝日の時給が2.5倍になるって言いました。

前回ブログ

http://blog.hatena.ne.jp/nonpyinaustralia/nonpyinaustralia.hatenablog.com/edit?entry=8599973812330549320

 

しかし、条件があったのでそれを説明します。

 

というのも本日、クリスマスの週のpay slipをもらって愕然・・・・!!!!!

 

手当(ペナルティ)が50%しかもらえてませんでした!!!!!

f:id:nonpyinaustralia:20180103174528j:plain


ガビーン・・・・・

とてもショックです。。

あんなに忙しかったのに・・・

 

AIN(看護助手)でパートタイムで働いた時は150%増しでもらっていたので、今回も同じだとてっきり勘違いしてました。

 

なんで?と思ったら気が済まなかったので

NSW healthのお給料を管轄しているオフィスへ電話してみました。

 

カスタマーサービスにつながり、 

待つこと10分・・・

 

やっと電話につながりました。

 

私:なんで祝日150%じゃないんですか?

 

担当の人:祝日のペナルティには2種類あります。

一つはシフトワークで年休6週間・祝日ペナルティは50%

もう一つは平日固定シフトで年休4週間・祝日ペナルティ150%

あなたはRoster shift (シフトワーク)をやっているので50%のペナルティです。

 

まじかーーーーーー!!!!!

 

これは契約とか関係なしに、シフトワークしているかしていないかで決まります。

私はシフトワーク(モーニング・アフタヌーンを主に)しているので祝日ペナルティは50%なんですね。

 

そんなん知らんかったわ!!!!!プンプン。

 

ということは夜勤もやっている病棟看護師は50%しかもらえないことになります。

 

まとめ
  • 祝日手当(ペナルティ)には2種類ある
  • 夜勤などのシフトワークの病棟看護師は年休が6週間もらえる代わりに、祝日手当50%増し
  • 夜勤をやっていない平日固定シフトの看護師は年休が4週間だが、祝日手当は150%増し

 

前回のブログではお騒がせしてすいませんでした。。

私ももっとたくさんもらえると思ってたのになあ・・・泣。

 

これからもオーストラリアの看護師情報をお届けしていきます。

 

 

Nonpy